話題の不動産投資を始める!目指せ一攫千金

不動産投資には種類がある!

現在、多くの人々から話題になっている不動産投資。しかし、不動産投資といっても様々な種類があるのを知っていますか?複数の投資家が共有分権を持つ小口化不動産投資、アパートやマンションなどを購入し、オーナーとして収入を得る現物不動産投資、商業施設やオフィスビルなどに投資をして、その収入の収益を投資家に分ける不動産投資信託など、たくさんあります。「投資を始めたい」と考えているなら、それぞれの投資の特徴を理解した上で挑みましょう。

不動産投資の基礎知識

積み木

不動産投資のメリット

・死亡保険代わりになる
投資する不動産をローンで購入する場合、団体信用生命保険に加入することが義務付けられているようです。なので、ローンの返済中に亡くなったり、事故などに遭った時、ローンの債務は保険会社側から支払われる仕組みになっているので、死亡保険の代わりになるでしょう。

・私的年金代わりにも!
定年した後、マンション投資などの家賃収入が私的年金の代わりにするのもアリ。公的年金を補う収入源になるはず!

・安定した収入源が得られる
部屋を借りるときは、通常1~2年といった年単位で借りることが多いので長期的に安定した収入が毎月得られます。賃貸を探している人の多くは、家賃料をできるだけ抑えたいと考えているはずなので、投資する地域の家賃相場に合った賃料で部屋の貸し出しをすると空室リスクを回避することができるかもしれません。また、本業の収入とは別なので、老後を有意義に過ごしたいと考えているなら貯金するといいですよ。

・所得税や節税効果対策
不動産投資で手に入れた収入から、建物のローン金利や減価償却費、都市計画税、固定資産税等の必要経費が差し引かれるようになっているので所得税などの節税効果があるようです。

このように、不動産投資には沢山の利点がありますよ。

不動産投資のデメリット

・空室リスク
入居者がいなければ家賃収入を得ることはできません。また、入居者が退室しても、すぐに入居者が見つかるというのはごく稀なこと。空室リスクを避けるためにも、賃貸保証会社のサービスを利用しましょう!

【賃貸保証会社って?】
未払いが続いた場合の部屋の退去、入居者が夜逃げした際の荷物の処分、滞納家賃の立て替えなどを行なってくれるようです。つまり、入居者の連帯保証人となってくれる会社となります。

・金利リスク
ローンを利用して不動産投資をするとき、変動金利だと、金利上昇に伴う返済額負担増の可能性も!そうならないためにも、ローンの借入期間を短くしてみたり、固定金利を選択したりするなどの対策を取っておくべし。

・建物の劣化
マンション・アパートなどは時間が経つにつれて劣化していきます。劣化したまま放置をすると、入居者が見つけにくくなりますし、空室リスクが高まってしまうようです。退去者が出たら、次の入居者を迎える準備としてメンテナンスをしておくといいですよ。また、綺麗な外観をキープするためにも外壁塗装も定期的に行なうように心掛けましょう。

良いことだけを見ていると失敗するリスクが高まる

いかがでしたか?投資で失敗してしまう人の多くはメリットしか見ていないはずです。失敗しないためにも、良いことだけではなく、気を付けないといけない点にもしっかりと目を向けなくてはなりません。

一棟マンション・区分マンション投資の特徴を徹底比較

一棟マンションの場合

・フレキシブルな対策もOK
一棟マンションは、状況に合わせて比較的自由に入居条件の緩和やリフォームが可能です。

・手持ちのお金が少なくても良い
物件を担保にして融資を受けとれるようです。月々の家賃収入でローンを返済していくスタイルが良いでしょう。それなら自己資金を掛けずに購入できますよ!

区分マンション

・売買の流動性がとても高い
一棟マンションに比べると、オーナーの数が非常に多く、流動性が高いという特徴があります。

・少額から投資を始められる
区分マンションは安ければ数百万円程度で購入できるようです。融資を受けることなく、貯金で投資が始められるという場合もアリ!

賃貸保証会社を利用しようと決めたら・・・

不動産投資を1人で行なうのは非常に大変です。オーナー業務の負担を軽減させてくれる、入居率の向上UPに努めたいなら賃貸保証会社に依頼をして、経営をサポートしてもらうといいかもしれません。しかし、近年では賃貸保証会社が増えてきているので、「どこの業者を選んだらいいのか分からない」という方もいるはず!そういう時こそ、信頼できる賃貸保証会社を紹介するサイトを活用してみましょう。利用の流れは下記を要チェック!

お見積りサイトの活用方法

まずは物件情報を入力

現在、自分が持っている物件の広さや部屋数、間取り、築年数、住所などの必要項目を入力しましょう。多くの見積サイトが無料です。「費用相場が知りたい」「賃貸費用の見直しがしたい」という人にもうってつけ!

自分の情報を入力

名前や住所、メールアドレス、電話番号などの利用者情報を入力しましょう。なぜかというと、登録会社がお見積りの連絡をする際に必要だからです!また、多くの見積りサイトで最新の注意を払って個人情報を管理しているので、安心して利用することができますよ。

入力を終えたら・・・

必要事項の入力を終えたら、利用者の条件にあった会社から見積もりが届きます。複数社から届くので、条件が良い所はどこか徹底比較をしましょう!

見積もりの連絡はいつ来るのか?

一体、いつ頃に見積もりの連絡が来るのか気になりますよね。通常は、情報を入力して3営業日以内に見積もりの連絡が来るようです。それでもなかなか返事が来ない時は、見積もりサイトの相談窓口に問い合わせてみるといいですね!

[PR]

賃貸保証会社の依頼
プロが全力でサポート!

マンション投資を成功させよう
定期的に専門セミナーを開催

[PR]

広告募集中