購入時に掛かる費用|不動産投資を成功させる方法【賃貸保証会社のサービスを利用する】|investment.com

不動産投資をする前に知っておきたいことを大公開!

購入時に掛かる費用

集合住宅の模型

不動産物件・各種購入手数料

【物件購入代金】
不動産を購入するときの本体価格。利回りを考慮して慎重に検討しましょう。

【各種購入手数料】
購入時に掛かる手数料は大きく分けて2つ!
・不動産仲介手数料
不動産仲介会社を利用した時に払う手数料。売買価格の3%+6万円と定められているようです。
・司法書士手数料
登記申請を司法書士に依頼するための手数料です。

こんな税金も掛かる

・消費税
不動産の購入代金を支払うとき、土地に消費税は掛かりません。しかし、リフォーム費用や建物代金に課税されるようです。

・印紙税
売買契約書には1通につき、印紙税が発生します。この契約書に記載された金額によって収める税金額が異なるということを頭に入れておきましょう。

・不動産取得税
不動産投資に必要な土地や物件を取得してから半年~1年半ほどの間に各都道府県から「納税通知書」が届くはずです。支払いの時期が他の税金と違うので、不動産を購入する前に調べておく必要があります。

不動産投資を始める前に疑問を解決させよう!

現地で物件を見るポイントを教えてください。

近隣の物件の賃料、入居率を調べておくことはもちろん、空室の場合はどうして空室なのか、どのようにリフォーム(改修)をしたら賃貸が付くかなど入居者の気持ちになってみると良いかもしれません。

物件周辺にあるとリスクになるような施設ってあるんですか?

騒音や大気汚染、地番沈下、悪臭などを引き起こす施設があると空室リスクは高まってしまうかもしれません。しかし、入居者によっては、その施設の存在が入居医師の決定に影響を及ぼすとは限らないようです。

賃貸管理の保証期間が知りたい。

入居日から退去・明け渡し日まで保証をしてくれるようです。しかし、各業者保証内容が異なるはずなので、依頼をする前に調べておく必要があります。

そもそも家賃保証って何なの?

入居期間中、様々な理由で家賃の支払いが遅れたりした場合、業者側が未払い家賃を入居者の代わりに立て替えてくれるサービスです。

家賃保証システムの申し込み方法が分からない

不動産業者の窓口で「入居申込書兼保証委託申込書」の記入をしてください。本人確認・与信判断必要書類などを不動産会社に提出した後、審査が行なわれます。審査に通ったら契約という流れになります。

広告募集中